メディアの歩む方向は「個人化」? あるいは、予言者への道か——「雑誌の本質」についての二つの論

メディアの近未来を語る興味深い記事がTechCrunch Japanに掲載されています。
Mediaが“Me”で始まることを忘れるな–メディアの未来は個人化の成否が握る」です。
それは記事のタイトルどおり、「個人化(personalization)」技術の進展で、過去にあったメディアをめぐる“神話”、すなわち、
  1. 編集者神話……「編集者は神のお告げをもたらす巫女でなければならないというもの。その巫女たちの超能力」を編集者が有する、もしくはそのように振る舞うべきであるとの期待
  2. コンテンツの大量散布神話……「コンテンツは、できるかぎり広範囲に散布されなければならない」という思い込み

というような、多くの出版社、放送局、そしてWebメディア全般に染みついた思考を一掃すべき段階だという、やや過激かつ骨太な主張に貫かれたものです。
実際、Big Dataのマイニングから、また、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアのグラフ活用まで、個々人ごとに焦点を当てるアプローチが語られる今日この頃です。
マスプロダクション・メディアから、究極の個人化メディアづくりへの転換が唱えられるのも自然の流れです。

Mediaが“Me”で始まることを忘れるな–メディアの未来は個人化の成否が握る via kwout

ところで、この論と対照的なブログ記事をさらに紹介してみましょう。
田端信太郎氏のブログTABLOGにポストされた「代官山蔦屋で雑誌黄金時代にタイムスリップ!~雑誌の本質とは」です。
楽しい投稿なので後でゆっくりお読み下さい。

筆者(藤村)が注目したいのは前掲「Mediaが“Me”で……」と対極を成す強い主張を述べる箇所です。

読者から、(今の自分にはこの記事の)「面白さ」がよく分からないのだけど、これはきっと面白いと思うべき記事が掲載されているメディアに違いない!と読者を「感染」させつつ、納得してもらうこと。読者から、「このメディアの作り手は、自分は知らないけど、この後の自分が知っておくべきと思われることを、知っているに違いない」と思って貰えることが、必須なのではないか?

要するに、編集者(メディアの作り手)は、“巫女”のような存在であるべしとの、これまた骨太な主張です。ここでオウム真理教の影響力が比喩として挙げられているのも、半分ブラックとは言え、先の「Mediaが“Me”で……」で神話、巫女という比喩を挙げているのに符合していると言えます。

ITやデジタルメディアの動向に詳しい読者なら、前者の記事が述べていることはおおむね腑に落ちることでしょう。
また、メディアの歴史や、読書好きの諸氏なら、伝説的な猛者編集者が、非デジタル時代のSteve Jobs氏のように振る舞ってできた数々の名雑誌を思い起こすことができるでしょう。そこには、読者一人ひとりについてのきめ細かい背景確認や情報収集など介入しようがない強い個性が満ちあふれていました。

さて、私は一見対極的にも見える二つの論に対して、まあまあ穏便にと、調停役を買って出たいのではありません。
面白いことに、この両者の背景に共通する現状認識があることに気づいたのです。

「Mediaが“Meで……」にはこんなくだりがあります。

自分たちの憶測が正しく、大量散布が大量のオーディエンスを釣り上げると期待する。憶測が外れると、パブリッシャーたちは声を大音量にしたり、センセーショナリズムに頼ったりする。Huffington Postがそのけたたましい見出しで成功しているのも……

この箇所は、田端氏の「代官山蔦屋で……」が以下のように述べている箇所と、どこか反響し合っていないでしょうか?

どんなに良い記事でも読んで貰えなければ、スタートラインに立てないも同然なので、必然的に、見出しで煽り、リードで煽り、という「せわしない」構造(メディアのルック&フィールとしては、「あさましい雰囲気」)に、デジタルメディアというものは、どうしても・・・なってしまいがちなのです。(これは、アナログレコードがCDになり、サビ頭の曲でないと、すぐに飛ばされてしまうので、Aメロ⇒Bメロ⇒サビ、と徐々に盛り上げる構成のポップソングが絶滅したことと同じ。)

「あさましい雰囲気」。それはいつの時代にも、どのフォーマットのメディアにもあることと受け止めたほうが良いとは思います。
しかし、その上で、デジタルメディアの時代には、過度な大音量へと陥るメディアづくりのための道が敷き詰められている一方、逆に読者の内面を見抜きそこに的確にコンテンツが届くような仕掛けは、まだまだ十分に用意されていないのだと合意しておきたいと思います。技術やそれを駆使する新しいメディア人が、そこを突破できるのか注目したいのです。
(藤村)

スマートデバイス躍進の根源について——“Love of Control”とは

ここ数年の劇的なスマートフォン(およびタブレット等、これらを以下、スマートデバイスと呼ぶこととします)市場の成長ぶりに目を見張りながら、積極的に論じることができずにきたテーマがあります。
それは、スマートデバイスの躍進という事実の背後にあるものです。言い換えれば、スマートデバイスはなぜ、消費者に受け入れられ、躍進しているのかという理由です。
ある人曰く「スマートフォンは、携帯電話並みのサイズにもかかわらずPCのような機能を搭載したから」。また曰く「メール、カメラ、そしてソーシャルなどの機能をどこにでも持ち歩けるようにしたので」と。そして、また別の人曰く「アプリ開発をビジネス化できる市場を創造できたから」とも。

実際、iPhoneが2007年に登場する以前にも、“スマートフォン”と呼ばれてしかるべきデバイスは何種類も存在していました。メールやブラウザその他、いまスマートデバイスに標準の機能が先取り的に搭載されていたこともあり、過去と現在で、形態や機能において実は大きな断絶はありません。
では、なにが現在のスマートデバイス隆盛の発火点になったのか——。筆者としては、それを“マルチタッチインターフェイスの発明”に見たいとの仮説を持っていたのですが、十分な確信を持てずにいたのでした。

今回、その仮説に根拠を与えるような調査や解説記事に出会うことができました。そこでその解説記事(残念ながら英文のため)を要約して改めてこの仮説とそれがデジタルメディアに与える影響について述べてみたいと思います。
まず参照すべき解説記事(ReadWrite Web掲載Love of Control Has Made Tablets Indispensable)と、その基となった調査概要(米Latitude社の発表資料Tablets & the Future of News)を挙げておきます。本稿は前者Love of Control……を要約しながら議論を進めます。


Love of Control Has Made Tablets Indispensable via kwout

調査は1100名、年齢は十代から50代にわたる米国内タブレット利用者を対象に、おもにタブレットの利用期間でグループ化して行われました(調査手法などはTablets & the Future of Newsを参照)。
この調査で得られた、いくつかの発見を記事(Love of Cotrol……)から以下、要約してみます。

タブレットは“ポータブルPC”以上のものである

多くの回答者が、タブレットはポータブル機で単に便利なもの、という以上の存在であるとする。
タブレット所有歴6か月未満のユーザーで“タブレットは自分の生活の一部になっている”とする者は4割強でしかないが、1年それ以上のユーザーでは7割近くが日常生活に切っても切り離せない習慣へと統合されていると答えるのである。

タブレットは、ニュース消費に向かう意欲を刺激する

回答者の8割弱が、それ以前に比べてより多く広い範囲のニュースを読むことになったとしている。そして、8割強が、タブレットによるニュース記事の閲覧体験はそれ以前に比べ多くの面で改善されたと答えるのである。

同記事で扱われた調査結果の一部 via kwout

このように、総じてタブレットユーザーはタブレットが、想像以上に自分の生活に溶け込み、そして、ニュースのようなコンテンツを閲覧する場合、それを著しく活性化すると感じています。
さて、問題はなぜ、このような“生活の一部”といった親密感や、活性化が生み出されるのかという部分です。調査はこの部分にも踏み込んでいます。引き続き記事を要約します。

タブレット・ユーザーが特に好むのはカスタマイズ性と制御感である

タブレットデバイスでコンテンツを読む体験について、被験者らユーザーの9割近くは、インタラクティブで容易に自分好みのコンテンツが読めるなどのカスタマイズや制御(コントロール)が容易であることを好むとしている。

タブレットに表示される広告にさえ親密感を覚える

被験者らのコメントが動画化されているが、広告について以下のように述べる。

「ノートPCで見る広告は頭にくる」と被験者のひとりMindyは言う。「タブレットだと、そんな感じがしない」。

「もし、それが自分にぴったりしているなら、たぶん、私はそんなに広告を気にしないと思うのよ」と他の被験者、ローレンが言う。

「もし、それをパーソナライズして、自分にフィットさせることができるような面白さがあれば、たぶんクリックして、それを友達に送ったりすると思うわ」。

延々と調査結果に沿って述べてきましたが、記事ではそのタイトルが、私のこれまで気にしていた仮説をうまくコトバにしています。
Love of Control”。残念なことにうまい訳語が思いつきませんが、「コントロールしている感」「制御感覚」といったところでしょう。もし、UIやUXの分野ですでに定まった用語があれば、示唆していただければと思います。

スマートデバイスでは、それまでのPCなどのコンピュータになかった操作感覚によって、調査の結果全体に現れている“生活の一部化”“(コンテンツ閲覧の)活性化”といった情感的要素を生成していると読むことができそうです。
記事では具体的に述べていませんが、それはスマートデバイスのフォームファクタ(大きさや形姿)とマルチタッチインターフェイスとして具現していると確信できるのです。
(藤村)